Instagram

Twitter

フロア論。

フロア論。

こんばんは。

先週末は神戸ジャムドンのウィリウィリに突然お邪魔しました♪
(ジャムドンて変換すると絶対ジャム丼になるよね。ジャム丼とか絶対まずいよね)

久しぶりに会えた人が沢山で楽しかったです!

ショーも初めて見る人ばかりで、新しいパワーを感じることが出来ました。
「10月のキング出ようと思ってます!」 って声かけてくれる人もいて、
関西盛り上がってきてるなーって感じが伝わりますた。

関東も盛り上げていきたいですな!

ところで、今日書きたいのは、

床上手とはどのようなことを言うのか。

です。

 

まず、不思議に思ったのが、
床上手って女性にしか使いませんよね?
なんで?

床で動いてるのって基本男ですよね?
納得行かないんですけど。

まぁそれは置いておいて、
ネットで調べると、

  • 感度が良い女性
  • 気を遣える女性
  • 快感に貪欲
  • 普段とベッドのギャップが大きい女性
  • 一緒に楽しんでくれる女性

ってのが出てきました。

 

ほう。
基本的には、セックスにある程度積極的で好奇心のある人ってことなのかな。

はい。共感できますね〜。
持論ですが、正直テクニックなんて二の次なんですよ。
テクニック部分は私達男がいくらでもカバーしますから。

大事なのは、本能をさらけ出すことですよ。

感じたままに声を出したり、

ふとアソコを触ってみたり。

ある程度恥じらいも必要だけど、

メインタイムはもう、性欲と性欲のぶつかり合いですからね。

いかに自分に素直になれるかだと思います。

そういうあなたに興奮するんですよ。男は。

 

どんなセックスでもチンコが萎えたらそこで終わってしまうんです。

 

殻を破りましょう!
女性の皆さん!

ハッピーバレンタイン!

No Comments

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください