RaggaShuco.com

RaggaShuco.com

RaggaShuco a.k.a. BOMB TEQUILA OFFICIAL SITE

Blog

【前編】RaggaShuco a.k.a. BOMB TEQUILA – 一体何者なのか!?突撃インタビュー!


RaggaShuco a.k.a. BOMB TEQUILA


IMG_0628

世界最大のレゲエフェス、ROTOTOM SUNSPLASHに2年連続の出演が決まったRaggaShuco。
去年9月にスペインから帰国後、突然ダンサーとしての活動を休止し、次のステップへ進むと宣言。パーティーDJとしての道を歩み始めたかに見えたが、、、レゲエ界の異端児の次なるステージへの展望を探る。

RaggaShuco a.k.a. BOMB TEQUILA

1988年4月11日生まれ、東京都江戸川生まれ、赤坂育ち。DANCEHALL KING 2013。ダンスを軸に、セレクター、音源制作、デザイナー、プロモーターなど多岐にわたって活躍。自称DANCEHALL ENTERTAINER、いわゆる何でも屋として東京のダンスホールを支えている。

 


レゲエダンスを始めることになったきっかけ


 

− まず、RaggaShucoさんの生い立ちについて、、レゲエダンスとの出会いについてお話しいただけますか?

「はい。えーっとまぁもともと幼稚園の時からオルガンやらピアノやらを親に習わされていて(笑)中学になってからはドラムも習ったけどしっくり来ませんでしたね。

その後、これも親のせいなんですけど、港区のサンバ隊に入ってパーカッションをやるようになった。そのサンバ隊の先生が、ジャズの神様のナベサダ(渡辺貞夫)さんだったんです。」

− ナベサダ!!??

「そう。びっくりですよね!

まぁ実際ちゃんとナベサダさんから習った期間はほんのわずかなんですけど、今になって考えると凄い話です笑」

− サンバっていうとあのカーニバルを連想しますが、そういう感じ?

「なんかこのくだりレゲエでもよくありますよね笑

僕がやっていたのはサンバヘギというジャンルで、ダンスよりはどっちかというとパーカッションの太鼓隊が前面に出てやるようなスタイルです。ブラジルのバイーア地方の伝統のサンバで、、

OLODUMていうサンバチームが有名で、マイケルジャクソンともヒューチャリングしてます。

見てわかるようにただ太鼓を叩くだけでなくて、リズムに乗りながらステップを踏んだりする。

これで音楽にあわせて体を動かすことの楽しさを知りましたね。」

− そこからダンスをやろうと?

「ん〜笑 一つの理由ではありますけど笑

うちの高校にはダンス部があって、新入生勧誘の時にめっちゃかっこよかったんですよね。

だからモテるかなと思って笑」

− あ〜動機が不純なやつですね笑

「とはいえ、ダンス始めるきっかけってそんなもんだと思うんですよ!

やっぱり目立ちたがりだったり、見てもらいたい願望っていうか。。。

文化祭前しか真面目に活動しないようなしょうもない部活でしたけど、楽しかったですね。

今TEAM BLACK STARZで活躍してる奴も一緒に練習してましたよ!」

− ジャンルは何をやってたの?

「メインはブレイキンです!ロッキンとかポッピンも並行してやってました。

ただ、自分的には中学の時にやってたサンバの音楽にあわせて踊ることが楽しかったのがあって、ブレイキンてちょっと大道芸っぽいっていうか、超人コンテストっていうか、、
もちろんうまくなれば余裕も出てきて音も聴けるんでしょうけど、、初めのうちって筋トレみたいな基礎練習ばかりで笑

大学入ったらヒップホップやるぞーってなってましたね。」

− じゃあ大学ではヒップホップやってたんだね

「ヒップホップの中でも新しめの、、NEW SCHOOL系ですね。

やりたかったのこれこれ〜!って感じでした。」

− 前置きだいぶ長くなっちゃってるんだけどレゲエとの出会いはいつなのかな?笑

「ある先輩から『この人たちやばいよ!』っていってBASE HEADSのYouTubeの動画を見せられたんです。」

− 曲が懐かしい笑

「ショー自体本当にかっこいいし、今でも見るとテンション上がるんですけど、一番食らったのが6分過ぎから。

Come Around / Collie BuddzとDr. Evil / Stay far from weのところ。

今まで全然見たことない動きで、わ!これやってみたい!音楽的にも好きだし!ってなったんですよね。」

− AVEさんだね

「そうです。そっからSKY DANCE CREWに行き着いて、、AVEさんのレッスンは曜日が合わなくてTAKASHIさんのレッスンに行き始めたのが最初です!」

− やっぱりなんか中南米の音楽が体にあう感じがしたの?

「そうですね。

海外旅行でメキシコに何回も行ってたっていうのもありますし。

あとさっき言ったサンバヘギも好みに影響してますね。多分。

あとあと知ったんですけどサンバヘギってSamba Reggaeのことなんですよ!

『あ、ここで繋がってたんだな』って」

− 運命の出会いだったわけだね!

「まさに!!」


 

次回はダンスホールキング、ROTOTOM SUNSPLASHについて詳しくインタビューします。

皆さんお楽しみに!

コメントを残す