Instagram

Twitter

就職活動。

就職活動。

共感したというか、まぁそうだよなっていう記事がタイムラインで流れてきまして。

ストリートダンサーが就活で苦労する理由。

https://note.mu/rrrave1018/n/n36fba9793bdd

ダンサーとして頑張った功績って確かに評価されづらい世の中だなとは思う。

というかそもそも、ダンサーが食えないっていう世の中こそ変えていくべきところなんだけど、そこはまた論点がずれるから置いといて。

新卒の就職活動って地獄みたいなんだよなぁ。。

実際社会人になってから、自分が就職活動の時にドヤ顔で話していたことを思い出すと、恥ずかしくてウンコでる

とりあえずさ、ダンスやってるやつなんて普通にいっぱいいるし、就職活動の中でネタとして理解されようという考え方自体が馬鹿馬鹿しいと感じてしまう。

これってダンスに限らず一緒なんだよね。

そもそも就職活動の面接の中で、「何をやってきたか」が野球なのかバスケなのかボランティアなのかダンスなのかで、採用、不採用になっているわけがない。

話のフックでしかなくて、実際に「どういう行動を取っていたのか」、「どういう存在だったのか」を「どう伝えるか」。

まぁその伝えるという部分でダンスは他のスポーツに比べてわかりづらいよねっていう話を書かれているんだけれど。

ダンスをやっていたおれが人事だったとしたら、

例えば「大会で好成績だった」話をされたら、「ダンス続けようと思わないの?」って思うし、

「サークルで頑張ってた」って言われても「はいはい。わかります。で、何かうちの会社で役に立つ?」

そこじゃないんだよなぁ。。。

まぁ結局のところ、何を言ったらいいかわかんないこういう面接のくだりって、新卒採用の時だけだし、やることやってりゃ転職なんて簡単にできると思うの。

だから新卒でいい会社に入ることが必ずしも正解だとは思いません。
スペックは働いてあげていけばいい。

就活生よ大志を抱け。

No Comments

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください